11.4 「徒歩による四十二浦巡り」について

・研究会員三代隆司氏は、研究会の記録上では初めて徒歩による四十二浦巡りを計画書を提出されて実行された方です。
・10月28日の朝出雲大社を出発して、11月4日三保神社までの7泊8日で続けて四十二浦を巡拝されました。天候に恵まれたという幸運もありましたが、東西65キロの島根半島を巡り一畑薬師まで100キロ以上の旅は、さすがに一心不乱に歩かれたであろうと思います。
・宿泊場所として知人・親戚を頼って求めたものの、小伊津では心当たりがなくて困ったと聞きます。
・満願の一畑薬師の1138段の石段を上り、一畑薬師事務所で四十二浦巡り「宝印帳」に巡拝証明書を
頂き、本堂で飯塚管長の満願成就の祈祷を受けて、本堂前で記念写真を撮影されました。
・研究会事務局員もご利益を頂こうと一畑薬師三田和尚?に記念写真を撮影頂き、潮汲みの竹筒から本堂横の奉納所に納めました。
・三代隆司氏は四十二浦巡りの達人ということになります。広報誌にそのレポ-トを寄稿して頂くようお願いしました。

11.4 「徒歩による四十二浦巡り」について
11.4 「徒歩による四十二浦巡り」について
11.4 「徒歩による四十二浦巡り」について
11.4 「徒歩による四十二浦巡り」について
11.4 「徒歩による四十二浦巡り」について